乾燥しわ

肌の乾燥はできるだけ裂けるべき!という認識を持つ人は多いでしょう。
肌表面は、基本的に水分を含んでおり潤いがあります。
この潤いは、肌にとって健全な状態を維持するために必要不可欠なものであり、常にいっていの水分量が必要になります。
ただ、この水分量は加齢によって少しずつ減少していきます。
減少していくとどうなるかというと、肌自体が劣化していくのです。

肌は、細かな細胞によって構成されています。
それらは、植物のような存在で水分を吸収することによって活発さを保つことができるのです。
しかし、その水分が現象してしまうと肌にハリ・ツヤがなくなり始めガサガサになってしまいます。
この状態になると、肌細胞自体が弱っていますからどうしてもそれを解消することができませんし、劣化の一途をたどることになります。
これにより、少しずつ肌質が低下してしまい、そこからしわなどの老化現象が促進されるのです。
そして、この乾燥状態によって引き起こされるしわを乾燥しわと呼びます。

肌が乾燥状態になると、潤っている時とは性質が異なります。
具体的には、弾力がなくなることによって肌にクッション性がなくなることになり、そこから少しずつ肌質が変化していきます。
乾燥状態での肌質の変化は、決していいものとは言えません。
弾力がない状態で表情が変化すると、それによって肌が突っ張ることになります。
通常であれば、ここに水分があることにより弾力性が生まれます。この弾力性があることによって肌のつっぱりなどを防ぐ事ができるのです。
ですから、乾燥した状態の肌は老化現象を誘発する危険性を備えていますし、乾燥しわも表面の水分不足によって引き起こされます。
乾燥しわのしわ取りをする場合は、この水分量の調節という点にも着目して施術を行う必要があるのです。

この治療法に関しては、ケミカルピーリングやイオン導入と血流改善マッサージなどを行うこトデ改善します。
このふたつは、肌表面の汚れを綺麗に落として炎症の原因も取り除くことができます。
そして、潤い成分を肌にプラスしたあとにマッサージをすることによって、細胞を活性化することにつながりターンオーバーを促すことが出来るのです。
これによって、しわとり効果も期待することができますし肌質を改善することができ、乾燥状態を軽減することが出来るでしょう。
これらの方法も、美容外科の施術で行うことができます。

Copyright c 2014 しわを根本的に解決するためにのしわとりについて All Rights Reserved.