表情によるしわ

人は、自分の考えや感情を発する時に表情を変えてその状態を表現します。
目、頬、口元などの動きによって表情を作りその時の感情を表した上で言葉を発するのです。
これは、他人とコミュニケーションを取る上で一番重要な要素になります。
その表情によって、相手の言葉の捉え方が変わってきますし、自然と声のトーンなども変わってくることでしょう。
この表情によってコミュニケーションが成り立っていると言っても過言ではありません。

しかし、表情を変えていると次第にしわが刻まれてきます。
先ほどの記事でもお話ししましたが、人が表情を変える際には皮膚を動かします。
その時に、皮膚が一部分によることによってしわができるのです。
毎日のように表情の変化が繰り返され、それが何十年と続くとそのしわが肌に刻まれる様になります。
これにより、目元や口元などに細かなしわが残るようになりますし、それは無表情の時にもしっかりと刻まれるようになるのです。
これを表情しわと呼びます。

表情しわはなかなか改善されることはありません。
長年の皮膚の動きによって、しっかりと刻まれているため後からマッサージをするなどしても全く解消されないことがほとんどです。
この解消のためには、美容外科での専門手術が必要になります。

表情によってできるしわは、老化現象も相まってかなり頑固です。
そのため、ボトックス注射やヒアルロン酸注射によって定着している部分を打ち消す方法が取られます。
ボトックス注射は、ボツリヌス菌の毒素を皮膚に注入することにより、表情筋の収縮をはかることが出来ます。
これにより、しわが伸びるようになりしわ取りをすることが出来るのです。

ヒアルロン酸注射に関しては、ボトックス注射とは反対の効果があります。
ボトックス注射の場合は、筋肉の収縮がメインの効果になります。
しかし、ヒアルロン酸注射の場合は皮膚を膨らませることでしわとりをすることができるのです。
垂れ下がっている状態の皮膚をヒアルロン酸注射によって膨らませることにより、肌にハリ・ツヤが戻ります。
これは、しわとりにおいても高い効果を発揮しますし、注射だけで手術が終わるため短時間で効果を得ることが出来るのです。
しかも、切開をした時のようにダウンタイムなどもありませんから、美容整形手術に不安があるひとも気軽に受けることができるでしょう。
これらの効果は、一年前後が平均であるため定期的に駐車をする必要があります。

Copyright c 2014 しわを根本的に解決するためにのしわとりについて All Rights Reserved.